ハライチ
 (ハライチ) 
   
   矢印 ハライチの動画を見る
   矢印 公式プロフィール(ワタナベエンターテインメント)
   矢印 オフィシャルブログ

  • 岩井 勇気(いわい ゆうき、1986年7月31日)
ボケ・ネタ作り担当。
身長171cm 体重65kg、血液型O型。
立ち位置は主に左。
ネタ中に横を向いて笑ってしまうことが多いが、これは単調になりがちなノリボケ漫才に変化をもたせる意図による。ネタ以外ではあまり笑わない。
趣味はボウリングとビリヤード。
澤部曰く、「尖ってる」。
髪型のイメージは成宮寛貴らしい。
内股気味である。
短小で真性包茎であり、『キャンパスナイトフジ』や『あいまいナ』、『ピカルの定理』などでたまにイジられる。番組内でピース綾部曰く、ものすごいと語ってる。
小学一年からピアノを習っている。
ネタを主に書いているため、本の題名など「○○の××」というふうな言葉を見ると反射的にネタへの応用を考えてしまう癖があるらしい。
爆笑問題・スピッツのファンである。
『キャンパスナイトフジ』では「スガ派」に属する。メンバーはオードリー春日・ゆったり感中村・はんにゃ川島。
自他共に認めるアニオタで、『ピカルの定理』収録中にスタジオの裏で、共演者の平野綾に彼女が演じているアニメのキャラクターのセリフを言ってもらうよう頼んで言わせていることや、平野自身のTwitterでは、平野が演じている『らき☆すた』の泉こなたが好きであることも暴露されている。
  • 澤部 佑(さわべ ゆう、1986年5月19日 )
ツッコミ担当。
身長172cm、体重69kg、血液型O型。
立ち位置は主に右。
坊主頭が特徴。
特技はバスケットボール。
童貞。自称童貞の星で「結婚するまで童貞を貫く!」と言っている。しかし彼女はいる。
「ALASKA」と書かれた服がトレードマークとなり、バラエティ番組などで「アラスカさん」と呼ばれることがある。
2010年の『M-1グランプリ』決勝にはスーツを着て出場したが、そのネクタイにも「ALASKA」のロゴが施されていた(スタイリストに作ってもらったとのこと)。
岩井がアドリブのボケを言うとよく声が裏返る。
2010年4月3日放送の『オールスター感謝祭』に初出場した際、第1ピリオドでいきなりチャンピオンに輝き、さらにボーナスクイズにも正解して賞金30万円を獲得した(ちなみにこの時ラスト問題には勘で答えており、解答時間は0.02秒だった)。
困っている人をほっとけないタイプであるため、『run for money 逃走中』の第21回において、「大統領の娘を連れてくる」というミッションクリアの影の条件を、ケガの功名でクリアしたことがある(本人はただ人助けがしたかっただけであり、娘が鍵になっていることも知らなかった。また、そもそもミッションに参加する気もなく、偶然子供を届けた先でミッションをクリアできただけであった)。その後、自分の善行が思わぬ幸運を呼んだことに対して嬉しそうにコメントをしていたが、直後にハンターに捕まり、彼の幸運は三日天下に終わるという結果となってしまった。

歴史
  • 2人は幼稚園児時代からの幼馴染み。中学3年生の頃にはこの2人に、もう1人仲良しのメンバーを加えた3人組を結成、そのもう1人は最初お笑い活動に乗り気だったというが、高校2年生の頃に「やっぱり大学に進学する」と言って脱退。2005年1月には現在のコンビでお笑い活動を開始、同年3月にワタナベコメディスクールの『お笑いメジャーリーグ』に出場し、決勝の高校生部の3組に残り(のち1組は橋本まさをだった)、グランプリを受賞、2期生として特待生入学。

  • 2006年3月にワタナベコメディスクールを卒業、同年4月からワタナベエンターテイメント所属となる。

  • 『M-1グランプリ』では、2005年に初出場し3回戦まで進出。その後2006年、2007年と1回戦で敗退。しかし2008年では準決勝まで進出の躍進を見せ、敗者復活戦にも出場。翌2009年には初の決勝進出を果たし5位になった。ちなみに、決勝のネタ直後のインタビューで岩井は「あまり緊張しなかったです。多分笑い飯さんが優勝なので」と発言したせいで、テレビ関係者から説教を受けたらしい。翌年も2年連続の決勝進出を果たすも、7位に終わった。ただし、4位のピースまでの差はわずか9点で、接戦であった。また渡辺正行は彼らに優勝した笑い飯と同点の「90点」をつけ、自身のブログで「去年より全然うまくなってる。これに突っ込みが、もうひとつ、プラスアルファの何かがのるとかなり、新しい漫才のスタイルが生まれそう。」と彼らの将来性を高く評価した。なお、2009年に獲得した628点、2010年に獲得した620点はそれぞれファーストラウンド5位、7位のコンビが獲得した得点としては最も高い点数である。


芸風
  • 「ノリボケ漫才」を自称する芸があり、岩井のボケに澤部がついて行くという形をとる。語呂合わせのような形で言葉をつなげていくが、そのうちに最初のテーマから段々外れていき、最後には全く関係のない言葉になっている。そのため、最後に澤部が「関係無くなっちゃった!!」と言ってネタを終える形をとる。

  • ネタ時間の尺が長い場合は、最後に澤部がつっこんだ後に、澤部が岩井に本当に最初のテーマに興味があるのか問い詰め、岩井が「そこまでじゃない」と言って締めるなどのパターンがある。

  • 澤部自身は「壮大なノリツッコミ」であると自負しているが、ネタでは冒頭と最後を除くとツッコミらしいセリフがほとんどないため、岩井がフリ役で澤部がボケ役と捉えられることも多い。すぐにツッコミに入らない澤部の芸風は、さまぁ〜ずの三村マサカズと比較されることがある。

  • 岩井のセリフは出番前に急に思いつきネタに挿入するときがある。アドリブで岩井がかなり長時間次のボケを言わずに澤部にノリボケをやらせ続けることもある。

  • なお、ネタが最終的に「○○なヤーツ」に帰着する場合が多いため、トークなどで引用されることがある。(例えば澤部のTシャツを「アラスカのヤーツ」など)

  • この漫才のスタイルは、岩井が夢の中でネタが浮かんだことから生まれた。元々は序盤に普通の漫才をやり、最後だけノリボケをやるという構成だった。しかし2008年の『M-1グランプリ』一回戦で「制限時間が2分と短いから全部いっちゃおうか」と提案され、それを実行してウケたことからその後も終始ノリボケで通すようになった。

  • 岩井が「仙台がマイブームの一つ」と話していたことがあり、仙台のことがネタに盛り込まれることもある(「笹かまのブーム」など)。

  • 木村祐一と放送作家の倉本美津留は「小さいことだが岩井のボケのワードを澤部が同じセリフを言ってしまうことをやめると、もっと飛躍する」と評している。

テレビ

現在のレギュラー出演

  • ピカルの定理(フジテレビ、2010年10月 - )レギュラー
  • おとぼ家の夜(2011年4月4日 - )レギュラー
  • おはスタ(テレビ東京、2011年4月7日 - )木曜日レギュラー
  • サタデー・ナイト・ライブ JPN(フジテレビ、2011年6月4日 - )レギュラー

過去のレギュラー出演

  • キャンパスナイトフジ(フジテレビ、2009年4月10日 - 2010年3月19日)
  • DON!(日本テレビ、2010年3月31日 - 2011年3月25日)水曜日レギュラー、ヨネスケと隔週

その他

  • 爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績2勝3敗 最高505KB
    • 第12回チャンピオン大会 ファーストステージ5位敗退
    • 番組史上初めて爆笑トライアウトを経由してオンエアを飾った芸人であり、番組最後のオーバー500を取った芸人である
                                                    【wikipedia引用】
  

     
                                                         【Wikipedia 引用】




inserted by FC2 system